「男性のアンチエイジング」ほうれい線が目立ってきたヤバイ(汗)

あなたは、最近ほうれい線が目立ってきて気になっていませんか?

でも大丈夫!

今回の記事を読んでいただけると、ほうれい線が出来る原因や生活習慣・防ぐための方法、ほうれい線に対する美容整形といったことについて分かります。

ぜひ、この記事を読んで、カッコいい男性を目指しましょう。

 

ほうれい線ができる原因は何?

あなたには、ほうれい線が出来ていますか?

ほうれい線が出来る原因には、6つあると言われていてアンチエイジングを目指すためには、避けては通れないものです。

その6つとは、年齢を重ねることや表情筋の衰え、肌が乾燥している、紫外線を浴びっぱなし、喫煙、髭剃りがあります。

男性は避けては通ることが出来ないものですが、原因を知れば対策が簡単になります。

では、早速見ていきましょう。

年齢を重ねたこと

これは、年齢を重ねたことで皮膚の弾力性が失われたことによって肌が重力に負けたことで起こります。

そもそも、あなたの体は重力に逆らう事で生活を送ることが出来ています。

例えば、歩くことでも重力が必要です。

あなたは、床に座っている状態から立ち上がるときにスムーズに立ち上がることが可能ですか?

スムーズに立ち上がるためには、筋力が必要になります。

しかし、歳を重ねると全身の筋力が低下します。

何もしなければ、骨折や怪我、栄養不足によって体が弱くなってしまいます(フレイル)。

だからこそ、アンチエイジングのためには十分な栄養バランスと適度な運動、しっかりと休養を取ることが大切です。

特に、ほうれい線を考えると表情筋を鍛えることが大切になります。

では、それはどう行うのでしょうか。簡単ですので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

表情筋の衰え

表情筋の衰えは、あなたの見た目年齢を引き上げてしまう原因に繋がります。

例えば、20代の人にほうれい線があることで、30代に見えてしまうなんてことも。

もちろん、逆のケースもあります。

だからこそ、表情筋を鍛える方法を知り、実践してみましょう。

簡単に行えるのが「ベロ回し体操」になります。

これは、文字通り舌をぐるぐる回す方法ですが、気を付けたいポイントがあるのでご紹介します。

その方法は、あなたの歯にベロをくっつけてゆっくりと回すことです。

この方法を行うと、後頭部が痛くなるかもしれません。

もし、そうなったら表情筋が衰えているサインになります。

ですから、痛みの出ない回数を行っていくことが大切です。

例えば、左右それぞれ20回を朝・昼・晩と行うことが望ましいですが、痛みがあるようであれば10回から始めてみても構いません。

大切なのは、自分自身の状態と相談すること!それがアンチエイジングを行う上でのポイントです。

 

肌の乾燥

あなたは肌の手入れをしっかり行っていますか?

男性の見た目を左右する肌の状態を保つには、洗顔と保湿が大切!

なぜなら、肌はとても繊細でしっかりとケアを行うことが大切だからです。

そのためには、肌の手入れの基本となる洗顔と保湿を見直してみましょう。

男性に多いのが、水やお湯でバシャバシャと顔をこする行為です。

しかも、タオルでこすりつけて拭くなどはもってのほか!

では、どうしたら良いのでしょうか。

正しい洗顔の答えは、優しく丁寧に包み込むように、です。

まず手を洗い、きれいな状態の手で洗顔料をしっかりと泡立てます。

次に、その泡を優しく肌に乗せていきます。

これだけです。

その後は、しっかりと洗顔料を洗い落とすだけ。気を付けていただきたいのは、泡で顔をこすること!

これをすることで肌が傷つき、美肌とはかけ離れてしまいます。

そして、洗顔をした後は化粧水やクリームで保湿を行う事も大切になります。

だからこそ、朝晩と1日に2回優しく顔を洗うこと、保湿を意識して行ってみてください。

紫外線の浴びっぱなし

あなたは、夏場や晴れている時どうしていますか?

男なんだから日焼けクリームを塗るなんて必要ない!

もしそう思うのであれば、今すぐ日焼け対策をおススメします。

なぜなら、紫外線は1年中天候に関係なく降り注いでいるから。

夏場だけ紫外線対策を行っている人が多いかと言うと、5月~8月が1年の中で紫外線が降り注ぐ量が多いためです。

だから、1年中紫外線対策を行うことが必要になります。

つまり、日焼け止めクリームをしっかり使うこと、日傘を使うことがとても大切になります。

喫煙

喫煙の悪影響として思い浮かぶのは、肺がんです。

しかし、ほうれい線にも影響しています。

なぜなら、喫煙することで肌の栄養が不足してしまうから。

例えば、肌を作るのに栄養は必要不可欠です。

だからこそ、バランスの良い食事を心がけることが大切ですが、栄養を運ぶのに大切な役割を果たしているものに血管があります。

喫煙することで、血管がダメージを受けてしまい収縮してしまいます。

この時に、一酸化炭素という物質が関係しているので、酸素を全身に運びにくくします。

そうなると、体に必要な栄養などが全身に行き渡らず、肌を作るのに支障が出ます。

髭剃り

あなたにとって日課の一つである髭剃り。

これもほうれい線には関係しています。

なぜなら、髭を剃るということは肌に負担を与えているから。

だから、髭剃りの方法を意識してみましょう。

例えば、カミソリから電動髭剃り機に剃る方法を変えてみることも1つの手になります。

また、毛が濃いというあなたは、抑毛ローションや脱毛を行ってみるということも視野にいれてみることが必要になります。

カミソリで剃るのであれば、新しいカミソリを使うこと、皮膚や髭を蒸しタオルなどで柔らかくして剃ることも大切です。

 

このように、あなたのきになる「ほうれい線」の原因と解決法をお伝えしてきました。ここからは、ほうれい線が目立ってきたらどうするのかについてお伝えします。

 

ほうれい線が目立ってきたときのケアはどうしたらいい?

ほうれい線が目立ってきたときに意識したいのは、肌の負担を減らすということになります。

表情筋を鍛える方法などは、肌への負担を強めてしまいます。

だからこそ、肌を休ませることも大切です。

なぜなら、あなたの体はいつでも頑張り続けていると、いつかは息切れをしてしまうから。

だからこそ、アンチエイジングの前提となる健康の3要素の1つである「休養」も大切です。

つまり、洗顔や保湿といったスキンケアを十分に行い、肌を休ませるために表情をなくすことが大事です。

それだけでなく、バランスの良い食事にも注意を払って、大豆やビタミンCの多い緑黄色野菜を食べることも必要です。

美容整形でほうれい線は消せる?

美容整形では、コラーゲン注射やプラセンタ注射、ヒアルロン酸注射でほうれい線を消すのに効果が期待できます。

なぜなら、皮膚のハリを補充することが出来る方法だからです。

では、1つずつ見ていきましょう。

コラーゲン注射

コラーゲンは、細胞同士を接着する働きを持っていて、ビタミンCが不足するとつなぎ目が脆くなるという働きがあります。

コラーゲン注射は、ほうれい線が気になるところに注射をすることで、細胞同士がくっつくように肌を盛り上げてくれます。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は、水分を保つ能力に優れているという長所があります。

だからこそ、体内では肌や関節などに含まれていることが分かっています。

しかし、沢山の量を食べることは難しいので、サプリメントを活用し摂っていくことが必要です。

ですが、ヒアルロン酸注射であれば注射をすることでほうれい線を目立たなくすることが可能です。

プラセンタ注射

プラセンタ注射は、ホルモンの働きを整えるという効果があるので、全身の健康づくりに役立ちます。

そして、心の不調にも効果が期待できるとされています。

なぜなら、自律神経という体のバランスを保つ部分に効果があるとされているからです。

 

このように3種類の注射には、それぞれ機能はありますがほうれい線が目立たないという効果を期待するのであれば、三種類の中で最も長い、半年~1年の効果が期待できるヒアルロン酸注射を選ぶことをお勧めします。

 

まとめ

今回は、ほうれい線をテーマにお伝えしてきました。

ほうれい線を目立たなくするためには、日頃の洗顔や保湿、髭剃りといったことを見直し、スキンケアを行うことが大切です。

そして、あなたが気になるようでしたら美容整形に挑戦してみることも一つの手段になります。